歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

幼児食アドバイザーによる食育講座㊺~こどものお口の機能のために⑵~           ☆上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック☆

2017年1月13日

幼児食アドバイザーによる食育講座の45講目です。

今週に入り寒さが厳しいですね!!
さむくても子どものように元気いっぱい走り回らければ、ですね(^_-)-☆

さて、こどものお口の機能を育む取り組みってどんなことがあるのか前回からお話ししています。
歯医医院における発達支援のヒントのお話しの続きをしたいと思います。

口呼吸や悪い姿勢を防ぐ抱き方・寝かせ方

離乳食が進むにつれ、赤ちゃんは自ら口唇を閉じる力をつけていきます。
そのため、特にそれまでの時期に頭部が後屈した姿勢になると、口唇は開きやすく口呼吸を誘発することが懸念されます。

2017011322532500

また、離乳食が始まるころには、新生児期には整っていなかった体の軸がまっすぐに整っていきます。
体の軸が安定することは頭位の安定につながり、口腔機能の発達にも非常に重要です。
そこで、抱き方や寝かせ方を工夫します。
2017011323014900

就寝時の口呼吸は低酸素血症から睡眠障害として乳幼児の発達にもかかわる問題に発展したり、歯ぎしりや食いしばり、おねしょの原因にもなることがあります。
赤ちゃんの抱き方・寝かせ方を見直してみてはいかがでしょうか。

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

このページの先頭へ