歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

歯科衛生士がお話しする歯の講座101~歯医者デビュー②~上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2020年3月8日

歯科衛生士がお話しする歯の講座の第101講目です。

落ち着かない日々が続きますが、心と体の健康を見つめる機会でもありますね。
感染症にかかりにくくするためにも、毎日の生活リズムも整えましょう!

さて、歯医者デビューについてのお話しをしている続きです。

知っておきたいむし歯になるメカニズム
乳歯は永久歯よりも虫歯の進行が速いという特徴があります。
むし歯の原因や進行を知ることが、予防の第一歩です。

mushibakin01

ミュータンス菌がむし歯をつくる犯人
口のなかには常在菌とよばれるたくさんの細菌がいます。
そのなかのミュータンス菌がむし歯を作る主犯格です。
ミュータンス菌は糖分から粘液を作り出します。
そこにほかの細菌もすみついてプラークになると、糖を分解して酸を出し、歯を溶かしてむし歯をつくります。
乳歯は永久歯に比べて、エナメル質や象牙質が弱いという特性があります。
酸によって溶けやすいので、あっという間に神経まで達してしまうことがあります。

むし歯菌はまわりから赤ちゃんに伝播する

むし歯菌であるミュータンス菌は、歯が生えていない赤ちゃんの口のなかにはいません。
歯の本数がある程度増えたころ、ほかの人の唾液からうつるといわれています。
伝播を防ぐため、食べ物を口移しでは与えず、スプーンや箸の共有も避けましょう。
おうちのかたも虫歯や歯周病があれば治療し、虫歯にならない生活習慣を大切にして、口の中をきれいに保てるといいですね。

歯を守るキーワード

1歯みがき
習慣づけをはじめましょう
2フッ素
歯科医院などで塗布します。
市販の歯磨き剤にもふくまれています。
3正しい食生活
甘いものの食べすぎやだらだら食べないようにしましょう。
4定期検診
かかりつけ医を探して、3か月から半年に1回診てもらいましょう。

虫歯予防は歯みがきだけじゃない
歯みがきはとても重要ですがむし歯予防するのは、実は大変です。
上記の歯を守るキーワードとキシリトールが大切といわれています。
この5つを意識した生活を送ることが、むし歯予防に有効といわれています。
今からできることを見直していきましょう。

だらだら食べをしない生活を
歯を守るためには食べる間隔をあけることが重要です。
30~60分くらい何も食べないでいると、酸性化した口の中を唾液が中性に戻してくれ、さらに、とけた歯を唾液の中の成分が再石灰化し、修復します。
だらだら食べをしていると、口のなかが中性に戻れないため、むし歯が作られやすい環境になってしまいます。

また続きは・・・

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

このページの先頭へ