歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

歯科衛生士がお話しする歯の講座125~エナメル質形成不全!?~上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2020年8月19日

歯科衛生士がお話しする歯の講座の第125講目です。

危険な暑さが続いていますね。
洗濯物の外干し中でさえも、うだるような暑さで毎日一苦労です(;’∀’)

さて、紫外線対策に、日焼け止めや美白コスメが大人気ですね。
そのかげで、子どもたちの歯に思わぬ事態が起きていることをご存じでしょうか。
紫外線をあびることで体内で合成されるビタミンD。
骨や歯の成長に必須なこのビタミンが欠乏しているお母さんたちの胎内で育ち、母乳で育てられたお子さんたちに、エナメル質の出来が悪くて歯が弱い「エナメル質形成不全」が急増しています!!

10年ほど前に「10人に1人いる」という学会発表があったようですが、日本小児歯科学会の最新調査では、軽度のお子さんも含めると、いま小学1~2年生の約5人に1人が「エナメル質形成不全」といわれています。
エナメル質のできに問題がある場合、その時期に育ちを阻害する何らかの問題が起きているとされています。
乳歯ならば妊娠4~5カ月くらいでエナメル質ができてくるので、おそらくこの時期といわれています。
永久歯は出生後に硬くなりはじめ、3歳ころまでにエナメル質ができるので、ここで何らかの問題が起きているのでしょう。
大きくわけると遺伝的要因と環境的要因が考えられるといわれています。
遺伝的要因については、影響は限定的と考えられます。
歯がうまく育たない遺伝子を持つお子さん、また高齢出産が増えると増加するとされる遺伝子病が歯の育ちに影響するケースを考慮しても、これほど急激なエナメル質形成不全の増加の根拠にはなりません。
環境的要因、つまり歯が育つ妊娠期から出生後の幼児期までの、お子さんの育つ環境に問題が起きていると考えられています。
乳歯のころに根っこまで届くような虫歯をつくると、その下に育っている永久歯の成長を阻害してしまっています。
転んで乳歯を打った時に、下で育っている永久歯がダメージを受けることもあります。
でも、これはおもに前歯で奥歯に起きることはそうそうないとされています。

エナメル質形成不全の増加は、世界中で起きていますが、興味深いことに、アメリカでは原因を絞り込む有力な手掛かりになったといわれています。

その原因はおそらくビタミンD欠乏症

アメリカはビタミンDの摂取に力を入れており、食品に添加したり、妊産婦にサプリメントを飲ませているといわれています。
牛乳にはほぼ入っていますし、オレンジジュースにも結構はいっているといわれています。
ビタミンDというと・・・

つづきはまた・・・

fuji_rogo_02

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

このページの先頭へ