歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

歯科衛生士がお話しする歯の講座137~フロスや歯間ブラシ使うと歯ぐきが強くなる?!~上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2020年11月21日

歯科衛生士がお話しする歯の講座の第137講目です。

季節外れの暑さから、この季節らしい寒さが戻ってきましたね。
あわてて上着を出したり、温かいものが食べたくなったりと・・・
あっという間な月末ですね( ;∀;)

さて、デンタルフロスや歯間ブラシを使うと歯と歯の間の歯ぐきが強くなりますか?という質問を受けました。
今回はこの質問に答えたいと思います。

歯と歯のあいだの歯肉は内側がくぼんでいて、プラーク(細菌のかたまり)がたまりやすい形をしています。
そこを清掃できるのがフロスと歯間ブラシです。
ですがこれらの道具には、プラークを落とす以外にも、歯肉の組織を強くする効果があります。
歯肉には硬い歯肉とやわらかい歯肉があります。
お口を「イー」としたときに見える歯肉は「角化歯肉」といい、硬くて丈夫な組織です。
一方、歯と歯のあいだの歯肉は角化の度合いが低い、弱い組織です。
細菌への抵抗性も弱く、歯周病になりやすいです。
そのため、歯と歯のあいだの歯肉はウィークポイントといえます。
歯と歯のあいだをフロスや歯間ブラシでみがくようになると、この弱い組織に刺激が与えられます。
すると、細菌への抵抗性が増し、歯周病の予防にもつながります。
しかし、刺激が重要だからといって、歯と歯のあおだの歯肉にフロスや歯間ブラシをグリグリ押し付けるのはよくありません。
歯肉が傷つきますし、歯と歯の間の膨らんだ部分が圧迫されてなくなり、歯の隙間が目立つようになってしまいます。
フロスや歯間ブラシは、歯の根元に沿わせて動かすだけで、自然と周りの歯肉に糸や毛先が当たるので、十分な刺激となります。
歯間ブラシの注意点は、狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使うと、歯や歯ぐきを傷つけたり、歯間ブラシも折れやすくなります。
また、広い隙間に小さすぎる歯間ブラシを使ってしまうと、歯垢を十分に落とすことができません。

歯間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度を選ぶようにするといいでしょう。
前歯と奥歯などで歯間の隙間の広さが異なる場合には、それぞれに合った太さの歯間ブラシを使い分けてください。
サイズがわからないときは歯科医院でチェックしてもらいましょう。
フロスの注意店は、糸を入れるときは痛くないように、まっすぐにぎゅっと押し込むのではなく、のこぎりを引くように少しずつ歯の間に入れていき、歯ぐきとの境目の汚れをとってから、歯にそわせて引き出すのがコツです。
わからないときは、こちらも歯科医院で指導を受けましょう!

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

このページの先頭へ