睡眠時無呼吸症候群

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

就寝時に呼吸が止まる病気をご存知ですか?

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に“無呼吸状態”が繰り返される“病気”です

あなたのご家族あるいは、あなたは大丈夫ですか?
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は読んで字のごとく、就寝時に呼吸が止まる病気です。医学的には10秒以上の呼吸停止を「無呼吸」と定義し、7時間中に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上の無呼吸状態が確認されると、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と診断されます。本人は自覚できないため、国内で300万人以上の潜在的な患者がいるといわれています。

この病気が恐ろしいのは寝ているときの問題だけでなく、日中の活動に様々な影響を及ぼすことが問題視されています。家族に呼吸が止まっているという指摘を受けたり、日中に強い眠気があるなら睡眠時無呼吸症候群を疑ったほうがいいかもしれません。

なぜ呼吸が止まるのか?

9割の方が喉や気道が塞がってしまうタイプ

喉や気道が塞がっている状態

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんの多くは、首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大のほか、舌の付け根や口腔上壁後方の軟らかい部分などによって喉や上気道が圧迫されて狭まってしまい、上気道に空気が通る十分なスペースがなくなることで無呼吸が生じます。これには、骨格やその中におさまる組織の量が関係しており、大きい骨格の方はなりにくく、小さい骨格の方は生まれつき気道のスペースが少ないため閉塞しやすく、無呼吸になりやすいといわれています。

SASになりやすい形体的特徴
  • 首が短い
  • 首が太い、まわりに脂肪がついている
  • 下あごが小さい、小顔
  • 下あごが後方に引っ込んでいる
  • 歯並びが悪い
  • 舌や舌の付け根が大きい

睡眠時無呼吸症候群の治療法について

欧米や国内で最も普及している治療法

「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」と呼ばれます。閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。
CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

「鼻にマスクをつけて空気が送られてくる状況で眠れるものなのか?」と思われるかも知れませんが、医療機関で適切に設定された機器を使い、鼻マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイントです。そのため、医療機関に一泊入院して治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)場合もあります。当院は睡眠時無呼吸症候群専門のクリニックと提携しておりご紹介させて頂きます。

軽度な症状に適した治療法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)を歯科装具(マウスピース)で治療するケースもあります。スリープスプリントとも言われています。下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。当院では、マウスピース療法に対応しております。病院など専門機関の診断書をお持ち頂ければ保険適用にてマウスピースをお作り致しますので、睡眠時無呼吸症候群と診断された方はお気軽にご相談ください。

マウスピースをつけて寝るだけ、と思うと手軽に思えるかも知れませんが、必ずしも全ての症例に効果的な治療方法というわけではありません。中等症までの閉塞性睡眠時無呼吸タイプに対しては比較的効果が見られやすい一方で、重症の方の場合には治療効果が不十分とされる報告もあります。重症度をきちんと把握し、呼吸器専門医の主治医とよく相談した上で治療を始めるのが良いので提携専門医をご紹介させて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群の合併症 生活習慣病との関係

睡眠時無呼吸症候群は様々な生活習慣病が“合併”します

睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、様々な生活習慣病が合併します。睡眠は量的にも質的にも満たされていることが望ましいのですが、SASによって適切な睡眠がとれていないと体全体に関わる生活習慣病の発生や状態の悪化に影響を及ぼすようになります。

Q&A

お電話でのご予約・ご相談も承っています tel:06-6775-4618

メールでのご相談はこちら

WEB診療予約をする

このページの先頭へ