小児歯科

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

子供たちの歯を守るために

子供の乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の成熟した永久歯に比べて歯の質が弱くむし歯になりやすいということをご存知でしょうか? また幼少期からむし歯をたくさん作ってしまう子供は、大人になってからもその傾向は続き、治療を繰り返しやがては歯を失い、ずっとむし歯に悩まされることになることが少なくありません。大阪市天王寺区の歯医者「藤村歯科クリニック」では、生涯健康な歯を維持して豊かな生活を過ごして頂くために、乳幼児期・学童期の時期から子供たちの歯を守ることを重要視しています。そして以下の3つの具体的なゴールを掲げています。

  • 藤村歯科クリニックが目指す小児歯科3つのゴール

当院の小児歯科では、お子様のお口の状況やライフステージに合わせた様々な治療や予防処置、また矯正治療など、大切なお子様の歯の健康を守るための充分な体制を整え、子供たちが歯医者に慣れ親しんで頂けるような取り組みを行っております。

歯医者さんは何のための場所??

「子供を歯医者さんに連れていくと、暴れて大泣きしてしまい虫歯を治療できなかった……」
そんなお悩みをお持ちの保護者の方は多いのではないでしょうか?
しかし、よく考えてみてください
「今、そのむし歯を治療する理由はなんですか?」
永久歯は一生モノなので、多くの場合は必要に応じてできるだけ早いタイミングで治療しないといけませんが、子供の乳歯はいずれ永久歯に生え替わり無くなるものです。



お子さんがむし歯になったときに治療が必要なシチュエーションは、強い症状があるケース、あるいは大人の歯に悪影響を及ぼすようなケースのみなのです。

先生に無理やり口を開けられて、痛いことや怖いことをされる……
必死に頑張って治療したはずなのに、またすぐ痛くなって……

こんなことをくり返せば大人でも歯医者を嫌いになるでしょう。歯医者さんで怖い思いをすればするほど子供は歯医者に苦手意識を持ってしまうわけです。

その結果……

歯医者は痛くて怖い場所という認識をもってしまう

虫歯ができても放置して我慢する

強く痛み出してからようやく歯医者へ行く

治療が大変で痛みが落ち着けば途中で行かなくなる

むし歯が悪化し再発する



このような悪循環を起こし、子供は歯医者に対して「怖くて痛い場所」というイメージが定着してしまうのです。すると、大人になって本当に治療が必要な状況のときにも歯医者さんへ行かず、治療がどんどん後手になり大がかりになり、お口の健康が失われ、また時間・費用など負担もかさんでしまうのです。 生涯にわたって歯の健康を守るためのポイントは、幼少期から歯医者さんは“お口の健康を守るための場所”という正しいイメージを育むことです。怖くて痛い治療をする場所というイメージができあがってしまったら、そのイメージを後から変えるのはとても難しいということはお分かりかと思います。

藤村歯科クリニックの小児歯科に対するアプローチ

歯医者嫌いにさせないポイントは、歯医者は“お口の健康を守る場所”というイメージを
持ってもらうことです。痛い治療をする場所というイメージができあがってしまったら、その
イメージを変えるのはとても大変ですので特にはじめての来院は大事です。

実際に定期的に歯医者さんに通い、定期検診や予防処置を受けている子供たちは、大幅にむし歯が少なく、医療費が少なく済むというデータが出ています。

歯医者さんを好きになるまではいかなくとも、少なくとも嫌いな場所にならないようにすることはできます。当院に通われている子供たちには自然と歯医者さんへ行く意味を理解できるように促し、大人になったとき自発的に定期的にクリーニングや予防処置を受けて自分で歯の健康を守ることができるようになってもらいたいと考えております。

そのため、当院では無理に口を開けさせて治療をするというようなことはありません。治療は必要最低限でよく、先にも述べた「小児歯科の3つのゴール」を重要視しお子様のペースに合わせた治療を進めていきます。

具体的には最初の数回はお子様の受容度(どこまで歯医者さんを受け入れてくれるか)をしっかり見極めて治療を進めていきます。

お母さんと一緒にイスに座れたらOKの子もいれば、診療室に入れたらOKの子、最初からお口の中を見せてくれる子など、お子様ごとに1つずつハードルになっている部分をクリアしながら治療を行います。年齢や性別、性格や兄弟姉妹の有無などさまざまな要素により、達成度や受容度、慣れるスピードに差があるのは当然です。その分、保護者の方には来院するお手間をおかけしますが、お子さんのペースに合わせてあげてください。

なかには治療に入るまでに5回くらいかかるお子様もいますが、最終的にはどのお子様も自らイスに座り、口をあけて治療させてくれるようになります。歯医者に対して納得して受け入れてくれた子供たちは定期的に楽しんで来院してくれるようになるので、その後もむし歯になりにくい口腔内環境が整います。
回りくどいようですが、このようなステップを踏まなければ、お子様のお口の健康を生涯にわたって守ることはできないのです。
藤村歯科クリニックではこのような考え方で、大切な未来ある子供たちの歯の健康を守るお手伝いをさせていただきたいと考えています。

小児歯科の治療メニュー

TBI(ブラッシング指導)

お子様一人ひとりに合った正しいブラッシング方法を教えます。親御様にも仕上げ磨きの方法をご説明いたします。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くする効果があるため、定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくくすることができます。歯の再石灰化を促す力もあります。

シーラント

汚れがたまりやすい奥歯の溝を歯科用樹脂で埋めて、汚れをたまりにくくし、虫歯を予防します。

過剰歯の抜歯

本来生えてくる歯の本数以上に生える歯のことです。過剰歯が生えると、全体の歯並びに悪影響を及ぼす可能性がありますので、早期に抜歯されることをおすすめします。

キッズクラブ会員を募集しています

プレミアムKIDSクラブ

医療法人貴志会 藤村歯科クリニックでは、当院が目指す小児歯科の3つのゴールを達成し、お子さんのお口の健康を障害にわたってサポートするために、キッズクラブを設立しました。

お子様やご家族の予防意識を高め、歯医者を治療する場所から予防する場所としてご利用いただけるよう、ぜひキッズクラブをご活用ください。

対象年齢 0~15歳(中学校3年生まで)入会金 1,000円 年会費 無料 当院のキッズクラブでは保険診療の範囲で治療を行いますので約2,000円~3,000円程度の治療費がかかります。

デンタルノート贈呈

あなただけの会員手帳をお渡しします。
デンタルノートは毎回お持ちください。毎回の治療内容やポイント、次回の来院までの宿題などを記載することで、お子様のお口の健康管理を徹底し、保護者の方にもわかりやすくお伝えするためのものです。

矯正の無料相談

矯正治療が必要なのかどうか?必要ならばいつ頃から始めればいいのか?どれくらい費用がかかるのか?など疑問点に詳しくお答えし、提携している矯正専門歯科へのご紹介もさせていただきます。

Facebookからの情報発信

  1. 幼児食アドバイザーによる食育講座
  2. 実体験を盛り込んだマタニティー・小児歯科講座
  3. 歯科衛生士がお話しする歯の講座

上記3つのテーマで毎週「ためになる」情報をお届けします。

ケアグッズが10%OFF

デンタルノートを受付にてご提示いただければ、歯ブラシや歯磨き粉などのケアグッズが全品10%OFFでご提供させていただきます!(ご家族の方のケアグッズも10%OFFになります)

Q&A
子供が歯医者嫌いなのですがどうしたらよいですか?

少しずつ慣れていきましょう。
小さなお子様の場合、診療台に座ってお口を開けて治療を受けることができるまで、時には10回以上かかる場合もあります。
大切なことは強引にお口を開けて、歯医者さんに行くことがトラウマになり、苦痛に感じてしまうようにしないことです。

乳歯はいずれ永久歯に生え変わります。健全な永久歯列を目指すうえで乳歯にも一定の役割がありますが、いずれお役御免になるのです。大人になって本当に治療が必要な時に、幼少期にトラウマをもった人は歯医者に行くことをためらってしまいます。長い人生においてはその方がマイナスなのです。
小さなころはただ歯医者さんに足を運ぶだけでもかまいません。歯磨きの指導をお母さんと共にうけて頂いたり、フッ素を塗布したり予防処置に努め、少しずつ歯の健康に対する意識をもってもらう。そしてお口の健康のために自分自身で積極的に定期検診に通うというような考え方を育てていくことが重要なのです。

歯医者さん嫌いのお子様には、その成長に合わせて適切な対応を致しますのでご安心ください。

お電話でのご予約・ご相談も承っています tel:06-6775-4618

メールでのご相談はこちら

WEB診療予約をする

このページの先頭へ