歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

幼児食アドバイザーによる食育講座⑩ ~食事のマナー①~

2014年3月12日

幼児食アドバイザーによる食育講座の第十講目です。

三月も中旬となりこの時期は卒業をむかえる人もいれば、新たなスタートを控えワクワクしている人もいらっしゃると思います。
色々な方々との食事の機会も増えてくるときだからこそ、食事のマナーを気をつけたいものですね。
食事のマナーを身につけることは、食育にもつながっていきます。
何回かにわけて食事のマナーについてお話ししていこうと思います :-D

今回は「いただきます」「ごちそうさま」の意味について見ていきたいと思います。

ふだん食事のあいさつにつかっている「いただきます」「ごちそうさま」の意味を知っていますか?

「いただきます」の語源

まずは語源を紹介します。
「いただきます」の「いただく」は、神様にお供えしたものを食べるときや、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことから、「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」が使われるようになったことに由来します。
やがて、食事を始める時に「いただきます」と言うようになり、食前の挨拶として定着しました。

「いただきます」の意味

感謝を込めて「いただきます」

食事を始める時の「いただきます」には、2つの意味があります。

■1つめは、食事に携わってくれた方々への感謝です。
料理を作ってくれた方、配膳をしてくれた方、野菜を作ってくれた方、魚を獲ってくれた方など、その食事に携わってくれた方々へ感謝のこころを表しています。

■2つめは、食材への感謝です。
肉や魚はもちろんのこと、野菜や果物にも命があると考え、「○○の命を私の命にさせていただきます」とそれぞれの食材に感謝しており、こちらが本意だと言われています。

「ごちそうさま」の語源と意味

様々な力を経て食事に至ります

「ごちそうさま」を漢字で書くと「御馳走様」です。
昔は今のように冷蔵庫もスーパーマーケットもありませんから、食材を揃えるのは大変なことでした。
「馳走」は走りまわるという意味で、食事を出してもてなすために奔走する様子をあらわしています。
やがて、丁寧語の「御」をつけた「御馳走」にもてなすという意味が含まれるようになり、贅沢な料理をさすようにもなりました。
そして、いろいろと大変な思いをして食事を準備してくれた方への感謝を込めて「様」がつき、食事のあとに「御馳走様」「御馳走様でした」と挨拶するようになったのです。

日常の挨拶がこころの栄養に

ほかの国では、食事の際に宗教的な儀式はみられますが、「いただきます」「ごちそうさま」のような挨拶をしない国もあります。
「いただきます」「ごちそうさま」には、日本人の考え方や食文化が色濃く反映されているのです。
人と人との関わりや食への関心が高まる今、「いただきます」「ごちそうさま」に教えられることは多いでしょう。
子育て中の方はなおさらです。
何気ない挨拶ですが、意味を知って使うことで、こころの栄養につながると思います。

「いただきます」「ごちそうさま」の意味について理解していただけたでしょうか。
ふだん何気なく使っていた言葉は、とっても深い意味をもっていましたよね。
思いをこめて「いただきます」「ごちそうさま」を言うと、今までと違った角度から食事することができそうですね。
大きなお口を開けて元気よく食事のあいさつができるよう、歯も整えておくと気持ちがいいでしょう!

DSC_2428

このページの先頭へ