歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

歯科衛生士の健康講座⑬~甘いものを控えると?~ 上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2018年2月19日

歯科衛生士の健康講座の第13講目です。

今朝のニュースで、和歌山県で梅の花が咲き始めていると伝えられていました。
もう春はそこまで来ているのですね :oops:

さて、先週のバレンタインデーで甘いものを食べ過ぎていませんか?
甘いものを控えると歯にいいだけでなく身体にとってもいいとのことです。
詳しくみてみましょう!

砂糖やお菓子が虫歯を引き起こす原因になることはご存知かと思います。
そして、甘い食べ物や甘い飲みものが血糖値を上げることもよく知られていると思います。
けれど、「むし歯」と「糖尿病」があまいものを通してつながっていることは、まだ理解が少ないようです。
甘いものは虫歯の大好物であると同時に、血糖値を急激に上昇させる犯人の一人でもあります。
砂糖の正体は「ブドウ糖」と「果糖」というふたつの糖分が合体した「二糖類」です。
一方、ご飯などに含まれるデンプンは、ブドウの房のようにブドウ糖がつながった「多糖類」です。
二糖類はお腹のなかに入るとすぐさまからだに吸収され、血糖値を上昇させます。
このため、すい臓は血糖値を下げるためのホルモン(インスリン)を山ほどこしられしなければなりません。
それに対し、多糖類はつながった糖を酵素というハサミで細かく切りきざまなければ吸収できないので、消化にとても時間がかかります
そのおかげで血糖値が上がりにくく、すい臓の負担もとても小さいのです。
甘いものを控えるの歯にも身体にもいいですね!
生活習慣をぜひ見直してみてくださいね :-P

fuji_rogo_02上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

このページの先頭へ