歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

歯科衛生士がお話しする歯の講座68~知覚過敏を知ろう② ~      上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2018年7月29日

歯科衛生士がお話しする歯の講座の第68講目です。

暑さが日増しに厳しくなっている毎日ですね。
7月も終わり夏本番ですね!

さて、前回から「知覚過敏を知ろう」ということでシリーズ2回目です。

しみる症状の原因は?
知覚過敏をリスクチェック!!
知らずに続けている生活習慣や癖がエナメル質を削り、スメア層を失わせて、つらい症状が出ているのかもしれません。
項目をチェックしてみましょう。

歯ぎしり・食いしばりをしていませんか?
過剰な力は歯のヒビ、欠け、咬耗、詰め物やかぶせ物の傷みの原因になります。
自分でも気づかない癖なので、お口にその痕跡がないか歯科医院で診てもらいましょう。
images

ゴシゴシ磨きはやめましょう。
ゴシゴシ歯を磨きすぎて、歯を摩耗させたり、歯ぐきを痩せさせていませんか?
「どの程度の力で磨くとよいのかな」と思われている方は、歯科医院で磨き方の指導を受けてみましょう。

歯磨き不足も大きなリスク
じつは「歯磨き不足」も知覚過敏のリスクです。
歯にべったりつく歯垢のなかに虫歯菌の出した酸が留まり、スメア層や再石灰化層を溶かしてしまうのです。
やさしくていねいに歯磨きしましょう。

熱中症予防に何を飲んでいますか?
暑い季節の熱中症予防に毎日イオン飲料を飲んでいる方が多いと思います。
イオン飲料は意外と酸性度が高く、ちびちび飲むたびに歯が溶けてしまいます。
水やお茶もうまく併用しましょう。

すっぱいものの摂りすぎにご注意を
健康のために積極的に柑橘類を食べ、酢や酢の物を摂る方が増えています。
酸味は体によくても歯には弊害をもたらす場合もあるようなので摂りすぎには気を付けましょう。

いつもスポーツ飲料?
スポーツ飲料やビタミン飲料ばかりチビチビ飲むと歯が溶けやすく、そうした状態で食いしばったりゴシゴシ磨きをすると歯がすり減りやすいといわれています。
kyousei_0052
まずは、生活の中に隠れいている知覚過敏のリスクを見つけましょう!

また続きます・・・

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

 

このページの先頭へ