歯っぴークラブ

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美歯科
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表           
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

一覧を見る

実体験を盛り込んだマタニティ・小児歯科講座㉗~仕上げ磨きマニュアル⑷~上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

2019年7月12日

実体験を盛り込んだマタニティ・小児歯科講座の第27講目です。

上半期が終わりましたね。
梅雨明けも待ち遠しいです。
一年があっという間に過ぎていく感じがします(;^ω^)

さて、仕上げ磨きマニュアルのシリーズの続きです。
今回は、歯が生えたらフッ素を使おう、というテーマでお話しします。

子ども用の歯磨き剤が今よりも香味が強かった時代、研磨剤も今ほど粒子が細かくなく、フッ素が入っていない製品もあったりして、「子どもには歯磨き剤は不要」と言われていることもありました。
でもいまの歯磨き剤は違います。
やさしい味、やさしい研磨剤、しかもフッ素が入っています。
フッ素には、歯を硬く丈夫にし、歯の石灰化(修復)を助けてくれるとういう素晴らしい効果があります。
思うように仕上げ磨きをさせてもらえない時期の虫歯予防の強い味方になるので、ぜひ使っていきましょう。

ただし、年齢や月齢ごとに、推奨されている安全な使用量やフッ素濃度が異なります。
確認して使用しましょう。
またうがいができない月齢でも、この使用量なら大丈夫。
フッ素がお口に残るほうが予防効果が上がるので、うがいができるお子さんにも「10CC程度の少ない水で1回だけに」といわれています。
小さいころから歯磨き剤に慣れておくと、イヤイヤ期に初めて使うよりずっと抵抗感が少ないです。
少し大きくなったら、「今日は何味にしようか?」とお子さんに選んでもらうのも楽しいでしょう。

仕上げ磨きに悩んだらプロに!

pixta_21998593_M-300x269

お子さんの歯が心配でも、小さいお子さんを歯科医院に連れて行くのをためらうかたは多いかもしれません。
でも、さまざまな歯科情報がネットにあふれるいま、どれが正しいのか自分で判断するのはたいへんです。
はじめての歯医者さんでないてしまうお子さんがほとんどです。
それでも何回か定期的に通って、チェアに座ったり、お口のなかをちょっとだけみせてくれたりしているうちに、少しずつ慣れて平気になってきます。
はじめての歯医者さんが治療ではなく「予防のため」であることは、お子さんのその後の歯の健康にとっても重要です。
イヤな思いをせずに育てば、歯医者さんは「怖いところ」ではなく、歯をぴかぴかにしてくれる気持ちの良い場所だからです。
はじめは仕上げ磨きに悩んでいたおうちのかたが、お子さんの虫歯予防に安心して取り組んでおられる様子を拝見できることは、私たちにとってこのうえない喜びです。
お子さんの歯の心配を抱え込まずにかかりつけの歯科医院で相談してくださいね。

上本町駅から徒歩1分の歯医者 藤村歯科クリニック

 

このページの先頭へ