入れ歯

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

お口にぴったり合った入れ歯を

虫歯や歯周病などの病気、あるいは事故などで歯を失ってしまった場合のもっとも一般的な治療法が「入れ歯(義歯)治療」です。とはいえ、「うまく咬めない」「装着時に痛い」「すぐに外れる」「見た目が悪い」などのマイナスイメージをお持ちの方が多いことも事実です。

しかし近年ではこうしたイメージを払拭する機能的な入れ歯も多く登場してきています。快適に咬めて外れず痛くない、しかも見た目も上々という入れ歯も可能なのです。大阪市天王寺区の歯医者「藤村歯科クリニック」では、患者様のお口の状態に合った最適な入れ歯をご提供しています。

藤村歯科クリニックの入れ歯治療

当院では、患者様のお口の状態やご要望に合わせて一人ひとりに適した入れ歯をご提案します。以下は当院が取り扱っている入れ歯です。

レジン床義歯

レジン(歯科用プラスチック)でできている、保険適用でもっとも一般的な入れ歯です。安価で修復が容易であるというメリットがある一方、強度が低いために分厚く作る必要があることから違和感を覚えやすい点や食べ物の温度が伝わりにくい点、汚れが付着しやすい点など、デメリットも少なくありません。

金属床義歯

保険適用外の入れ歯です。歯茎を支える床(しょう)の部分が金属でできており、強度にすぐれるため薄く作ることができます。そのため装着時の違和感を軽減できるほか、熱伝導性の高さから食べ物の温度を感じやすく、食事を楽しめるといったメリットがあります。また、たわみにくいという特徴があるため、快適な咬み心地を実現できます。

アタッチメントデンチャー

一般的な入れ歯につきものの金属のバネのない入れ歯。残っている歯に特殊な連結装置を取り付け、そこへ入れ歯を装着することで強固に固定します。入れ歯の揺れやガタつき、外れやすさといった問題をクリアにする入れ歯です。保険は適用外です。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わないマウスピース型の入れ歯。歯肉の色に近い樹脂でできており、入れ歯だと気づかれにくい自然な見た目が特徴です。また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーが心配な方にもオススメです。

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に金属製の内冠を取り付け、そこへ茶筒のフタのようにぴったりとはまる人工歯を連結させる入れ歯。バネで固定するよりも安定するため自然な髪心地が得られることや、入れ歯全体を小さくすることができるため、違和感が少ないことが特徴です。

入れ歯とインプラント、オススメなのはどっち?

入れ歯とインプラントを比較した場合、正直に申し上げて機能面の勝負ではインプラントに軍配が上がります。ただし、だからといってすべても患者様にとってインプラント治療が最良の治療かというと、そうではありません。

例えば、70代以上の高齢で、インプラント埋入を行うには骨の量が少ない場合などがそれにあたります。ご高齢の方の場合、インプラント治療は身体にかかる負担が大きいこと、取り外し型の入れ歯に対して抵抗感が少ないことなどから、入れ歯の方が適しているとい判断されることもあります。

お口の状態は一人ひとりが異なるため、適した治療法も異なります。重要なのはその患者様にとってもっとも適切な治療法を見極めることです。当院では丁寧な診断と親身なヒアリングで患者様のお口の状態やご要望に合わせて最適な治療法を選択しています。

Q&A

お電話でのご予約・ご相談も承っています tel:06-6775-4618

メールでのご相談はこちら

WEB診療予約をする

このページの先頭へ