インプラント

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

インプラントで本物の歯のような咬み心地を

インプラント治療は顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで失った歯を取り戻す先端歯科医療です。入れ歯やブリッジのように周りの歯を支えにする必要がなく、インプラントが顎の骨にしっかりと結合するため本物の歯のように噛めるようになります。 また見た目も人工歯にセラミックを使用することで、本物の歯のように自然な仕上がりになります。

インプラント治療と従来の治療法との比較

入れ歯

メリット
  • 治療が容易で治療期間が短く済む
  • 保険適用でき、費用が安く済む
  • 歯をほとんど削らなくてよい
  • 外科手術が不要
デメリット
  • 歯茎に接する「床(しょう)」の部分がプラスチックで素材が厚くなるため違和感が出やすい
  • 天然歯に比べて噛み心地が大きく劣る
  • 見た目がよくない

ブリッジ

メリット
  • 異物感が少ない
  • 保険が適用可能
  • がっちり固定でき、しっかり噛める
  • 外科手術が不要
デメリット
  • 土台になる健康な歯を削る必要がある
  • 健康な歯を支えにするため負担がかかる
  • 連結して固定するため、磨きにくい部分が出る

インプラント

メリット
  • 違和感がほとんどない
  • 天然歯を削る必要が無く、負担もかけない
  • 骨に固定するため、しっかり噛める
  • 本物の歯のような見た目を実現できる
デメリット
  • 保険適用外のため、費用が比較的高額になる
  • 外科手術が必要で、症例によっては適用できないことがある
  • 治療期間が長くなる

歯を残すということ ~インプラントへの正しい理解~

当院ではご両親から授かった素晴らしい身体の一部である天然歯を残すことを第一に考え、全力で取り組みます。たとえ状態があまりよくなかったとしても簡単に諦めるのではなく、厳密な診査・診断のもと患者様ご自身の大切な歯を保存する可能性を探ります。そのために歯科用CTなど、より高度な診査・診断には不可欠な医療機器も完備しております。

診査の結果、“hopeless=歯の保存の望みがない”つまり抜歯という診断を下す場合もあります。もちろん最終的に抜歯するか否かは患者様にご説明のうえ、ご納得が得られた場合に限りますが、虫歯や歯周病による感染があまりにも重度におよんでいる場合や、歯根の破折など治療による治癒が見込めない状況で、保存することでかえって周囲の組織の感染を拡大することになるような場合はやむを得ず抜歯となることがあります。実際に早期に抜歯すべき歯を無理に残したことで、周辺の顎骨まで大きく破壊されているような状況も珍しくありません。

痛みなど症状がない場合、患者様にとって「抜歯」という通告は受け入れがたいものかもしれません。「本当にこの歯は残せないのだろうか?」と疑心暗鬼になるかもしれません。しかし歯科医師として患者様の将来を考えたときに、このような場合は抜歯をして次の一手を有利に展開することが、患者様にとって長期的に見れば時間・費用・労力を浪費せずに済み、幸せなことではないかと考えます。

次に診査の結果、“questionable=歯の保存の可能性はあるが治療の反応を見てみないと断定できない”と診断を下す場合についてです。このような状況においては、歯内療法・歯周治療・矯正治療・補綴治療などを駆使し私たちは全力で歯を残すことに取り組んでいきます。

一本の歯だけではなく、お口全体、さらにはその患者様の何十年先の将来までよく考えて、インプラントが有効であり適していると判断されるケースに用いて初めて、従来の入れ歯やブリッジ、自家歯牙移植などの治療法では得られないレベルの機能性と審美性の回復ができるのです。

したがって当院では、治療計画を立てる際に、患者様に“インプラントしか治療法はありません”ということはあり得ません。ほかの治療法との利点・欠点、治療期間・費用など患者様のお悩みやご要望をしっかり伺い、それを踏まえてオーダーメイドの最適な治療計画をご提案いたします。

藤村歯科クリニックのインプラント治療の特徴

実績・症例数

当院院長の藤村貴之は、ヨーロッパ最古の歴史を持つ国際インプラント学会の認定医。顎骨がほとんどないような難症例などさまざまなケースに対応可能です。

カウンセリングが充実している

プライバシーに配慮した落ち着いた環境のカウンセリングルームで、患者様のお考えやご要望をしっかり伺い、現在のお口の状態やその原因、治療の最終目標、インプラント治療のリスク、治療期間、費用など、十分なカウンセリングを行ってから治療を行います。

設備が充実している

従来の「パノラマ」という2次元のレントゲンでは正確にお口の状態を把握することはできません。そこで当院が導入しているのが3Dデータとして口腔内を撮影できる歯科用CTです。もちろん、CT撮影でも100%完璧に見えるわけではありませんが、術前・術中・術後の3次元的な診断は現在のインプラント治療において必須の検査の1つだと言えます。

院内の衛生管理を徹底している

インプラント治療は一般の歯科治療とは異なり、厳密な衛生管理を要する外科手術です。当院ではオペ室を完備しており一般の診療室とは完全に隔離された衛生的な個室でオペを行います。

安心のインプラントメーカーを使用している

当院では、患者様に安心のインプラント治療を受けて頂くため、世界トップシェアを誇るスイス・ストローマン社のインプラントと医科分野の人工関節で有名なアメリカ・ジンマー社のインプラントを採用しています。これらを患者様の骨の状態にあわせて選択しています。

ストローマン研究所

国際的な研究チーム「ITI」と骨整形外科分野で豊富な実績を誇る「ストローマン研究所」が共同開発したインプラントシステム。10年間で300万本以上という導入実績が証明するとおり、品質と長期成功率にすぐれる安心のブランドです。

ジンマーデンタル

人工関節で世界トップシェアを誇るジンマー社の傘下「ジンマーデンタル」が提供するインプラントシステム。ジンマーデンタル独自の「フリクション・フィット(クサビ嵌合)」によって連結するインプラントは耐久性にすぐれ、長期間の使用に非常に適しています。

保証制度がある

診断力・治療技術に自信があるからこそ、当院ではインプラントの保証制度を設けています。万が一施術に不備などがあった場合は、迅速に対応を行います。なお、インプラントは人工物のためそれ自体が虫歯になることはありませんが、ケアを怠ると歯周病に似た症状「インプラント周囲炎」になることがあります。インプラントの種類などにもよりますが、一度インプラントが歯周病菌に感染してしまうと通常の歯周病のように緩慢な進行ではなく、一気に歯周組織の破壊が進んでしまいます。そのため、治療と同じくらい治療終了後のアフターケア・メインテナンスが大切です。

藤村歯科クリニックのインプラント治療

抜歯即時インプラント

一般的なインプラント治療は抜歯後からインプラントを埋入するまでに傷口の治癒を待つ必要があるため、治療期間が長くなってしまうというデメリットがありました。このデメリットを解消するのが抜歯即時インプラントです。これはその名のとおり、抜歯後すぐにインプラントの埋入を行う方法。抜歯した箇所にインプラントを埋め込み、隙間に骨補填材を詰めることで、状態によってはすぐに仮歯を入れることもでき、治療期間を大幅に短縮できます。

ショートインプラント

一般的なものよりも短い8mm以下のインプラントを用いる治療です。通常だと、顎の骨の厚みが足りずに手術ができない場合や、下顎で神経や血管が近い部分に埋入したい場合でも対応可能です。

骨造成(GBR)

インプラントを埋入するための顎の骨が足りない場合、骨を造成し増やす治療を行います。骨が不足している箇所を「メンブレン」という生体材料でできた特殊な膜で覆うことで、骨の誘導再生を促します。

上顎洞底挙上術

サイナスリフト

骨の厚みの足りない上顎部分にインプラントを埋入するための骨の厚みを作っていく処置です。上顎の骨に穴を開けて上顎洞の底部を持ち上げ、そこへ人口の骨を補填して骨造成を誘導します。これにより十分な骨の厚みが確保できたらインプラントを埋入します。

ソケットリフト

サイナスリフトと同様、骨の厚みが足りない箇所に骨を造成する処置です。サイナスリフトと異なる点は、上顎洞の底部を持ち上げながら骨補填材などを補填していくことです。身体への負担が少ないというメリットがありますが、ある程度の骨量がないと適応とならないというデメリットもあります。

Q&A
インプラントは誰でもできますか?

年齢的にはあごの骨の成長が完了する20歳前後から、健康な方であればどなたでもインプラント治療をお受け頂くことが可能です。決してご高齢になるとできなくなることはありません。

ただし、全身疾患(重度の心疾患や糖尿病)をお持ちの方、妊娠中の方、お口の衛生状態が良くなく歯磨きをしっかり頑張れない方、あごの骨がほとんどない方、ヘビースモーカーの方、治療に協力的でない方、インプラントをすることで逆に他の歯が壊れてしまうような方などはインプラント治療をお受けできない場合がございます。

インプラント治療は決してどんな場合にも万能な治療法ではなく、適応かどうかの見極めが大切です。インプラントより入れ歯やブリッジの方が適している場合もありますので、詳しくお知りになりたい方は1度ご相談だけでも構いませんので、お電話にてお問い合わせください。

インプラント治療は痛いですか?

インプラント治療は麻酔をして行いますので、術中の痛みの心配はありません。また医療法人貴志会 藤村歯科クリニックでは痛みが不安な方や怖がりな方、また全身疾患をお持ちの方などには、麻酔専門医による静脈鎮静法を行いながら夢見心地の状態で手術をお受け頂くこともできますのでご安心ください。

術後麻酔が切れてくると、歯を抜いたときと同程度の違和感を感じることがありますが、万が一お痛みを感じる場合でも鎮痛剤を服用して頂けば問題ありません。また大がかりな骨造成を行った場合などは術後2~3日は患部が腫れたり、まれに皮下出血(青たん)が出現する場合がございますが、治癒に向けた正常な炎症反応ですので特に心配はございません。

インプラントの治療期間はどのくらいですか?

症例により様々です。

歯を抜いて治癒するまで十分に時間を待つ必要がある場合
骨量が少なく造成しなければいけない場合、どのような術式でどれくらいの量の造成が必要か?

などお口の状態により治療期間は変わってきます。詳しくはお問い合わせください。

インプラント手術後の注意事項は何かありますか?

1)出 血
手術当日は、うがいをしないで下さい。うがいを頻繁にしますといつまでも血が止まらないばかりか、痛みや治癒を悪くする原因となります。

普通1日位は唾液に血が混ざりますが、出血が多いときは清潔なガーゼか脱脂綿をまるめて傷口にあてて、20分くらい噛んで下さい。もしそれでも流れる程度の出 血がある場合にはご連絡下さい。

2)痛み
手術後に麻酔が切れて痛みが出るようでしたら鎮痛剤を服用して下さい。(1回2錠まで。6時間間隔をあける。)

また痛みがなくても鎮痛剤以外の処方された薬は、体に変調(腹痛・下痢・湿疹など)がない限り指示通りご服用下さい。

3)食 事
食事は、麻酔がさめてから軟らかいものを反対側で噛むようにしてお取り下さい。

手術部位に過度な刺激が加わると感染の原因になったり、インプラントと骨の結合を妨げることがあるのでご注意下さい。

4)腫れ、内出血斑
顔の腫れや内出血斑(青アザ)が、人によっては出ることがあります。

腫れは2~3日目がピークになりますので、その間は冷やしてください。しかしそれ以降も氷などで極端に冷やしすぎると、かえって治癒を悪くしますので避けて下さい。内出血は数日で自然に消えていきますので、ご心配いりません。

5)その他の注意事項
•手術当日のお風呂は軽く流す程度か、シャワーにして下さい。
•飲酒・喫煙はできることなら2週間は控えて下さい。
•手術後より2~3日は過激な運動は避けて下さい。
•処置した所を指や舌でさわらないで下さい。
•毎食後及び就寝前には、処方された含嗽剤で消毒して下さい。
•今まで使用されていた義歯はできれば使用しないで下さい。
•傷口に強い力をかけないで下さい。

手術直後から1週間までの傷口の経過
 当日は麻酔薬が切れた後に少し痛みが出る場合があります。
 痛みが出た場合は鎮痛薬を飲めば痛みはなくなります。
 腫れについては人によりまた手術の程度によりまちまちです。
 通常飴玉をほっぺたに含むような腫れ方が多く、術後3日目が腫れのピークとなります。それ以降は徐々に腫れが引いてきます。
 抜糸は7~10日の間でおこないます。

お電話でのご予約・ご相談も承っています tel:06-6775-4618

メールでのご相談はこちら

WEB診療予約をする

このページの先頭へ