BLOG歯庵~歯科衛生士がお届けするオーラルヘルスの豆知識・当院での治療症例~

2015.01.21

特別講座① ~メディカルハーブ~

特別講座の第一講目です。 みなさんは今年の目標はたてましたか? 私は、歯科衛生士としての目標・妻としての目標・母親としての目標をたてました 😳 小さなことであったとしても、一年目標をもつことは大切ですよね☆ さて、私はメディカルハーブ検定に合格し少しハーブについての知識があります。 よって、今回は特別講座としてメディカルハーブについて歯に関連することをまじえてお話しします! メディカルハーブとは ・ハーブとは ハーブは、人の生活に役立つ植物の総称です。 「薬草」や「香草」と翻訳され、料理をはじめとして日常生活のさまざまな分野で活用されています。 ハーブの利用法・・・飲み物・料理・園芸・儀式・染色・健康・美容・クラフト ・メディカルハーブとは 人々の暮らしの中で、美容と健康の維持・増進を目的に用いることのできる香りのある植物をいいます。 ストレスの多い毎日の暮らしの中で、私たちが本来持っている「自然治癒力」が本来の力を発揮できず、風邪をひきやすかったり、なんとなく調子が悪かったり、気分が沈みがちになったりします。 そんな時、助けてくれるのがメディカルハーブたちです。 わたしたちの「ココロとからだ」両面に働きかけ、バランスを取り戻すのをサポートしてくれるのです。 cup1 そんなメディカルハーブを歯の分野でも活かすことができます。 口臭予防 口臭予防では、まず口の中の炎症などを治して清潔にすること、いやなにおいそのものを消すことの2つがポイントになります。 市販のマウスウォッシュも手軽ですが、ハーブなら飲み込んでも安心です。 マウスウォッシュによく使われるラズベリーリーフは、フランボワーズのほのかな香りもさることながら、収れん作用が口内炎、歯肉炎など口臭の元になる症状の緩和に役立ちます。 これにペパーミントをブレンドし、清涼感のある香りでにおいをカットします。 おすすめのレシピ ★ラズベリーリーフとペパーミントのマウスウォッシュ 材料・・・1杯分=ラズベリーリーフ3g ペパーミント3g 熱湯200ml 手順・・・ラズベリーリーフとペパーミントを細かくして熱湯を注ぎ、5分間以上抽出してやや濃いめの浸剤を作ります。それを冷蔵庫で冷やし、適量をマウスウォッシュに使います。 ハーブについて「プロフィール」、「具体的な利用法」と、「どんなときに用いるとよいのか」、などの知識があれば小さなトラブルの解消に役立ちます。 私たちの体にどんなふうにアプローチしてくれるのかなども学ぶことができるので、安心して利用することができるようになります。 今回は少しですがメディカルハーブについてお話ししました。 この講義を通して、メディカルハーブについて興味を持っていただけたら嬉しいです。 11  
大阪市天王寺区上本町の歯医者|藤村歯科クリニック大阪市天王寺区上本町の歯医者|藤村歯科クリニック

OFFICE HOURS診療時間

診療時間 :9:30~13:00/14:30~19:30
(土曜午後は14:00~17:00)
休診日 :木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療致します。

9:30~13:00/14:30~19:30
(土曜午後は14:00~17:00)
休診日:木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療致します。

ACCESSアクセス

〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6-9-21
フュージョン+3F

TREATMENT MENU診療案内

インプラント・審美セラミック・
ホワイトニング・
インビザライン(マウスピース矯正)・

顎顔面矯正(子供の矯正)・むし歯治療・歯周病・

小児歯科・予防歯科・口腔外科・入れ歯・
マタニティ歯科