口腔外科

さまざまな口腔外科治療に対応していますさまざまな口腔外科治療に対応しています

さまざまな口腔外科治療に対応しています

20~30代の方でこれまでむし歯になったこともないのに、奥の方の歯ぐきが腫れた感じがする、お口が開けにくい……それはもしかしたら、親知らずの周囲の歯茎の炎症のせいかもしれません。
当院ではこのような親知らずの抜歯や、事故・転倒などの外傷による歯の破折・脱臼などの治療にも対応しております。
むし歯・歯周病以外でもお口のことなら、大阪市天王寺区上本町の歯医者「藤村歯科クリニック」に是非お越しください。

親知らずでお悩みの方へ

親知らずでお悩みの方へ親知らずは前から数えて8番目(1番奥)の歯で智歯とも呼ばれます。もともと親知らずが生まれもって存在しない方もいますが、多くの日本人は顎が小さいこともあり真っ直ぐ完全に生えてくることはむしろ稀で、骨または歯茎の中に完全に埋まっていたり、生えたとしても歯冠の一部が少し見えているだけというような場合がほとんどです。 親知らずを抜くべきか、そのまま放置すべきかは生え方によります。 全て抜かなければいけない訳では決してありませんが、統計的には抜歯した方が良いケースの方が圧倒的に多いように思います。

  1. 一番奥で歯磨きをしにくいので親知らず自体がむし歯になる
  2. 親知らずの影響で磨きにくいため、1つ手前の歯が深い位置で気付かずにむし歯が進行してしまう
  3. 矯正治療をされる場合、歯の移動の妨げになったり、隣の歯を押して歯並びを乱す原因となる

このようなケースは、重要性の高い健全な歯を親知らずによる悪影響から守るためにも予防的に抜歯しておくべきかと考えます。 一方で深く埋伏しているような親知らずでは、抜歯による下歯槽神経の損傷リスクが高い場合もありますし、ほかの奥歯がむし歯で失った場合に備えて移植用ドナーとして戦略的に保存しておくような場合もあります。

親知らずを抜かなくてもいい場合

  • きれいに生えてきて、歯磨きにも問題が無い場合
  • 一部だけ生えてきて、他の歯に悪影響を及ぼしていない場合
  • 完全に骨の中に埋まっていて、今後も問題が起こる可能性が低い場合
  • 矯正や移植に利用できる場合
  • ブリッジの支台歯として利用できる場合
  • 腫れや違和感が少しの場合
  • 十分に歯磨きができている場合

できるだけ早く抜いた方がいい場合

  • むし歯や歯周病が悪化してしまう前に対処した方がいい
    (※むし歯や歯周病が悪化すると、修復はできても完全に元には戻りません)
  • むし歯や歯周病が悪化すると、他の歯まで失う可能性が高まる
  • 年齢が若い頃の方が、抜歯後の回復が良い
  • むし歯や歯周病が悪化すると、麻酔が効きにくい場合がある
  • 抜く時期が遅いと、抜くのが大変(長時間の処置が必要)な場合がある

「親知らずの抜歯」について当院の特徴

豊富な経験と多くの症例数

01豊富な経験と多くの症例数

親知らずの抜歯は、歯科医師の経験と技術により患者様の負担が大きく変わる処置です。 当院にお越し頂く患者様からは、「思ったよりずっと楽だった」「あっという間で早かった」というお声をいただいています。麻酔後の処置時間は簡単な抜歯の場合は1分くらい、下顎で横向きに埋まっているようなケースでも30分以内には概ね終わります。早ければいい訳ではありませんが的確な処置でスピーディーに終えることで患者様のご負担はかなり軽減されます。 処置前にはレントゲンを撮影した上で、リスクなどもしっかりと説明をいたしますので、ご不安な点がれば何でも気軽にお尋ねください。

CTを用いた事前診査・診断

02CTを用いた事前診査・診断

親知らずの抜歯に際しては、歯根の形態や長さ、歯槽骨の状態や下歯槽神経との位置関係など一般的なレントゲン撮影だけで診査としては多くの場合十分なのですが、時に3次元的な位置関係を正確に確認するために必要なケースでは事前にCT撮影(保険適用)も行うこともあります。 「親知らずの抜歯」と言っても観血的処置であり小手術ですので、可能な限りリスクを軽減し、より安全で安心して頂けるように努めております。 稀に神経と近接した位置で埋伏している親知らずもあり、近隣の提携している大学病院や総合病院において抜歯を行う方がより安全であるとの判断からご紹介させて頂くようなケースもあります。 当院は歯科医師会にも所属しており、地域の総合病院との連携も緊密に取っております。また院長の出身大学である大阪大学の口腔外科ともパイプがあるため、紹介先の病院とも患者様の情報共有を確実に行っております。

歯牙移植について

歯牙移植について必要のないような親知らずを、むし歯で失った奥歯の箇所に移植する手術を「歯牙移植(しがいしょく)」といいます。年齢・歯根形態・歯槽骨の状態などから適用には条件がありますが、大切な自分の歯を喪失した場合に、インプラント・入れ歯・ブリッジに変わりうるもう1つの選択肢となり得る場合があります。

外傷(歯の破折)

外傷(歯の破折)交通事故や転倒、スポーツなどによるケガで、歯が折れたり、ヒビが入ったり、脱臼することがあります。当院は文教地区にあるため周囲に幼稚園や学校などが多くあり、このようなケースは小さなお子様から高齢者の方まで比較的多いかと思います。このような外傷時には、受傷後の迅速な対応が治療の成否を大きく左右します。不測にも外傷に見舞われた際には、余裕がなく難しい場合もあるかと思いますが、折れたり抜けた歯を探して見つかったら、牛乳(なければ水でもOK)などに漬けて湿潤状態にしてできるだけすぐにご連絡ください。受傷の状況をお聞かせいただき、迅速な応急処置ができるように対応致します。外傷の程度次第では連携している地域の総合病院の方へご紹介いたします。

顎関節症治療もご相談ください

顎関節症とは

顎関節症とは「口を大きく開けようとすると顎が痛い」「口を開けるとき顎がカクカク、ジョリジョリ鳴る」「口が大きく開けられない(指1~2本分くらい)」といった症状の総称です。

ずっと放置することで、痛みが増してきたり、口が開けづらくなり会話や食事がしにくくなるなど日常に影響する場合があります。また顎口腔系の筋肉のバランスの不調和により、頭痛・肩こりなど全身にも悪影響を及ぼすことがあります。



顎関節症の原因やその背景には様々なことが考えられます。まずはお悩みの症状について詳しくお伺いした上で、悪影響を及ぼすようなお口の状態や普段の生活における習癖などがないか確認します。顎関節症はself-limiting(自己完結的)なものであり、現在の治療に対する認識は抜本的な何かをするというよりは、「放っておいたら自然に治る」というくらいの認識で症状が特にひどい時には対症療法を行うというものです。したがって痛みが強い時は「鎮痛剤」を服用して頂いたり、お口が開かないときには「開口練習」をしたりといった具合です。

マウスピースを用いたスプリント療法

マウスピースを用いたスプリント療法またスプリントという装置を使用して頂き、顎関節の安定化を図ります。口腔の機能は下顎の動きで営まれており、その中心は顎関節です。
成人で咬み合わせによって長年ダメージを受けている顎関節を安定化するためのスプリント治療は年単位の期間が必要な場合もあります。 食いしばったり歯ぎしりをした時に顎関節に負担がかからないよう調整されたマウスピース(スプリント)を就寝時などに口腔内に装着して頂きます。

顎関節が安定してくると咬み合わせが徐々に変化してくる事が目に見える形でわかります。また同時に口腔周囲の筋肉の緊張が解消されて顔貌の変化や頭痛や肩こりなどの筋肉の過緊張が原因の症状が緩和されることがあります。

対応が難しいと判断した場合は
「提携病院」をご紹介します

当院で診断を行い、対応できかねる症例の場合には、提携している病院をご紹介させて頂いております。

口腔外科Q&A

親知らずは必ず抜いたほうがいいのでしょうか?

多くの日本人ではあごの前後径が狭いため、1番後ろでかつ最後に生えてくる親知らずが真っすぐにきちんと生えてくることの方が珍しいかと思います。
中途半端な位置に一部だけ生えてきて、歯ブラシが届きにくく汚れが停滞しやすいため周囲の歯茎が炎症を起こしたりむし歯になってしまったりするケースが多くあります。
そのような場合はだいたい20代のうちくらいには抜歯しておいたほうがいいかもしれません。
ただ、元々親知らずがないような人もいますし、状況によっては親知らずを残しておいたほうが良い場合や無理して抜く必要のない場合もありますので全てにおいて抜歯しなければならない訳ではございません。

術後はご飯を食べてもいい?

麻酔が効いてる状態ですと、誤って唇やほっぺを咬んでしまったり、熱いものを食べて火傷してしまう可能性などもありますので、約1~2時間でほぼ麻酔がきれますので、その様子をみながら食事を始めて頂けばよろしいかと思います。
特に食べてはいけないものなどはありません。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6775-4618お電話でのご予約・お問い合わせ 06-6775-4618 24時間いつでも簡単予約 WEBでご予約24時間いつでも簡単予約 WEBでご予約
大阪市天王寺区上本町の歯医者|藤村歯科クリニック大阪市天王寺区上本町の歯医者|藤村歯科クリニック

OFFICE HOURS診療時間

診療時間 :9:30~13:00/14:30~19:30
(土曜午後は14:00~17:00)
休診日 :木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療致します。

9:30~13:00/14:30~19:30
(土曜午後は14:00~17:00)
休診日:木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療致します。

ACCESSアクセス

〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6-9-21
フュージョン+3F

TREATMENT MENU診療案内

インプラント・審美セラミック・
ホワイトニング・
インビザライン(マウスピース矯正)・

顎顔面矯正(子供の矯正)・むし歯治療・歯周病・

小児歯科・予防歯科・口腔外科・入れ歯・
マタニティ歯科