虫歯治療

  • HOME
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院理念
  • 診療科目
    • 虫歯治療
    • 歯周病
    • 予防
    • 小児歯科
    • マタニティ歯科
    • 口腔外科
    • インプラント
    • 入れ歯
    • 審美
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
    • 睡眠時無呼吸症候群
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 求人情報
    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科助手

虫歯を放置していませんか?


虫歯は初期段階では自覚しにくい病気であり、「痛い」「しみる」などの症状が出た時には、すでにかなり進行している可能性があります。症状が一時的に落ち着くことはあっても虫歯そのものが自然治癒することはないため、放っておくとどんどん進行し、次第に激しく痛み出して、最終的には抜歯しなくてはならなくなってしまいます。どんな病気も治療の基本は、早期発見・早期治療なのです。

何をもって虫歯が「治った」といえるのか?

虫歯の治療というと、虫歯菌により感染した部分を物理的に削りとり、そこにできた欠損部分を金属や樹脂などの人工物で詰めたり被せたりする。近年はセラミックスをはじめ様々な新しい歯科材料や、3DプリンターのようなCAD/CAMという先端技術も目覚ましい進化を遂げています。一般的には、このように「削って詰める」と「虫歯が治った」と理解されています。しかし、それで本当に「治った」のでしょうか?

実はこのような治療では本当の意味で「治った」とは言えないのです。きちんと虫歯を取りきり、どんなに精度・質の高い修復治療を行ったとしても、「人工物」で見た目や機能を回復させているだけだからです。私たちが行う治療は決して元通りの「天然の歯」に戻るわけではありません。どんな治療も何の手も施されていないキレイな天然の歯には勝らないのです。

もう少し掘り下げてお話ししますと、ひとたび削られて人工物で修復した歯には、自ずと人工物と歯の境界が生じます。天然の歯にはもちろんそういった境界がありませんが、治療により修復した歯にはどんなに適合が良くともこの境目の部分から虫歯が再発しやすくなってしまうのです。(二次カリエスといいます)また過大な咬み合わせの力により破損することなどもあります。そうなれば当然再治療を必要としますが、治療を繰り返すごとに歯は削られて脆くなり、やがて神経を失い、最終的に歯を失う可能性が高くなってしまうのです。

虫歯治療において重要なことは、まずは極力治療しないでいいように普段から予防することです。しかし、もしも虫歯ができてしまった場合はできる限り健康な歯を削らないように神経を保存するように精度の高い修復をするように努めた上で、長期的な予後を見据えてなぜその歯が虫歯になったのか?という本質的な原因を見つけて改善することが虫歯治療のゴールなのです。そうすることで、虫歯⇔治療という悪循環から抜け出すように体質・習慣から改善することで本当に「虫歯が治る」のです。

できる限り削らない・神経を残すために

虫歯だからといって、必ずしもすべて削りとるのが正解とは限りません。
エナメル質(歯の表面)にかぎった虫歯で、穴が開いていないケースや、しっかりと診査を行い総合的に見て進行のリスクがさほど高くないケースでは、再石灰化と呼ばれる自然治癒を期待し、むやみに削ったり詰めたりせず、適切なブラッシング指導や予防処置を行い経過観察します。

そして治療が必要と判断した場合もできるだけ歯を削る量を少なく抑える「最小限の侵襲」により最大の効果が得られるよう心掛けます。特に神経をとると歯の寿命が極端に短くなるため、可能な限り神経の温存に努めます。

歯の神経を取るとどうなる?
①新しく虫歯が発生・進行しても痛みを感じずに気付きにくい。
②歯に栄養が行き届かず構造的に脆くなる。
③歯の中から白血球がなくなり、細菌に感染しやすくなる。

歯の内部の細菌感染は、根っこの先から歯槽骨に波及して膿の袋を作ってしまいます。これを根尖病巣といいます。1度神経を取った歯が再感染を起こし根尖病巣を作った場合、根管治療を行いますが、慢性化している場合などは治癒が困難な場合も多く、抜歯に至ることも少なくありません。

虫歯治療の約7割は「やり直しの治療」と言われています。そのため当院では、詰め物・被せ物の適合精度にもこだわり、長持ちする補綴物を提供するように努めています。また治療時にはできる限り痛みがないように「無痛治療」にも取り組んでおります。

虫歯の進行段階と治療法

C0  ごく初期の虫歯

症状

エナメル質が溶けはじめ、白濁が見られます。歯に穴は開いておらず、まだ痛みはありません。

治療法

ご自身に合ったブラッシングの指導やフッ素塗布で再石灰化を促します。

C1 エナメル質の虫歯

症状

エナメル質がさらに溶け、黒ずんできます。強い痛みなどはありませんが、冷たいものなどがしみることがあります。

治療法

患部を削りとり、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。または虫歯リスクを考慮し予防処置のみで経過観察とするケースもあります。

C2 象牙質の虫歯

症状

エナメル質の奥にある象牙質まで虫歯菌が達しています。冷たいものや甘いものがしみるようになります。

治療法

患部を削りとり、レジンを詰めたり、型取りをしてインレー(詰めもの)を使用します。

C3 神経まで達した虫歯

症状

虫歯菌が神経まで達しています。熱いものがしみるようになり、ズキズキとした独特の痛みが出るようになります。

治療法

歯の根にある管(根管)から神経をとり、その内部を清掃・消毒のうえ薬剤を詰めます。これを根管治療といいます。

C4 歯根まで達した虫歯

症状

歯根まで虫歯に冒され、歯の大部分が溶けきっています。一時的に痛みが引きますが、歯根部に膿が溜まると激しい痛みを伴います。

治療法

原則として、抜歯となります。歯を抜いた後はブリッジや入れ歯、インプラントなどで見た目や機能を補います。

藤村歯科クリニックの根管治療

歯の内部には根管という器官があり、その根管の中には神経や血管が通っています。虫歯が進行し、この根管内に虫歯菌が侵入した場合には、根管内をキレイにし感染の拡大を防止するために「根管治療」が必要になります。

具体的には感染した神経などの組織を取り除いて洗浄・消毒し、最終的には根管に薬剤を詰めて密封します。根管は非常に細く複雑な形状をしているため、繊細な作業が必要となり高度な技術が求められます。当院では最新の医療機器を導入し、根管治療の精度を高めています。

歯科用
コーンビームCT
藤村歯科クリニックでは、大学病院でも使われている「コーンビームCT」を導入しています。立体的な画像で詳細に把握できるため、従来のレントゲン写真では十分に確認できなかった精密な診査・診断が可能になり、安全性・確実性の高い根管治療を実現します。

ニッケル
チタンファイル
根管内の汚染した神経や血管などを取り除くために使うニッケルチタン製の治療器具です。一般的なファイルより柔軟性があり、複雑な形状の根管の中でもしなやかに動くためより早くキレイに根管内の清掃ができます。海外では8割の歯科医院が導入していますが、日本で導入している歯科医院は多くはありません。
以下の症例はニッケルチタンファイルで治療した症例です。
歯を残すためには?

「なるべく歯を削らないようにする」「歯の神経を保存する」
これしかありません。つまり、治療しなくていい状態を保つことが一番です。そのためには病気になってから治すという考えではなく、病気にならないように日頃から努める「予防歯科」という概念が非常に重要なのです。

「予防歯科」について詳しくはこちら

Q&A

お電話でのご予約・ご相談も承っています tel:06-6775-4618

メールでのご相談はこちら

WEB診療予約をする

このページの先頭へ